メインイメージ

カーナビの取り扱い

廃車買取でのカーナビの取り扱い

コンディションの悪い車はそのままでは中古車としての価値がありませんので、何らかの方法で処分することになります。処分には売却がありますが、査定額が付かない車の場合には中古車として販売できないため廃車の選択をすることになります。廃車とはいっても正式な方法で行えば費用がかかってしまいますので、廃車を考える際には専門の買取店に相談することが大切です。

廃車専門の買取店ではどのような状態の車でも取り扱いがありますので、水没車や不動車、大破した事故車でも引き取りが可能です。大破した事故車は解体されて処分へと進むのが一般的ですが、比較的コンディションの良い車は中古車としても利用することが可能です。廃車専門店の査定には相場がありませんので、査定額は業者ごとに異なるのが基本です。その中で中古車と同じように価値がつくものにオーディオやカーナビ、アルミホイールなどがあります。いずれもコンディションが良好であることが条件となりますので、場合によっては査定額に影響しないこともあります。

カーナビやオーディは廃車専門店に売却する際に取り外しができる場合があります。カーナビも査定の対象となりますが、中古車のような高額査定は出にくいため、査定額によっては取り外して再利用することも可能です。また中古パーツとして販売することも可能ですから、パーツ買取店から査定を受けることも大切です。廃車専門店の査定のほうが高ければそのまま売却すればいいですし、中古パーツ専門店のほうが高ければ取り外して単体で売却したほうが経済的です。

カーナビやオーディオは新型が出るペースが速いため、コンディションが良くても高額査定が出にくい特徴があります。取り外しには手間がかかりますので、自分で行うことが難しい場合もありますが、査定額の比較をして選ぶことがポイントになります。お得な方を利用するのが基本となりますが、価値が低いものに労力をかけるのは意味がありませんので、そのまま処分したほうが良い場合もあります。

カーナビなどのオプション品や付属品も廃車買取店では査定の対象となりますが、高額査定が出るとは限りませんので、パーツ専門店の査定を比較しながら処分方法を決める必要があります。中古パーツはそれほど高額査定が出るわけではありませんし、コンディションが悪い場合には当然価値が下がります。そのまま廃車にしてしまったほうが良い場合もありますので、ケースバイケースで対応することがポイントになります。”

Copyright© 2016 廃車買取では即日対応が可能 All Rights Reserved.